いぼの種類で治療が変わる!【種類に応じて適切な治療を行う】

医師に診察をしてもらう

医者と看護師

自分で切除は避けましょう

いぼは、30代後半から40代ぐらいの年齢になると、首や胸元、わきの下、顔などに複数できてしまったり、皮膚から盛り上がっている形状のものがあるため、コンプレックスを感じている人が多いです。加齢や紫外線などが原因の老人性のいぼの場合は、人に感染する心配はありませんが、ウィルス性のいぼの場合は、自分ではさみなどで切ってしまうと、健康な皮膚の部分にもいぼが出来てしまう可能性があります。自分で切ったりはせずに、美容皮膚科や皮膚科で診察を受けることが大事です。美容皮膚科や皮膚科では、視診や検査をしてもらうと診断が付きます。老人性の場合とウイルスが原因の場合では、多少は治療法も違ってくるため、医師のアドバイスを受けることが大事です。なるべく費用を抑えたい場合は、保健適用の治療も行っているため、まずは相談をしてみると良いでしょう。液体窒素のいぼ除去は、大変ポピュラーになっていますが、施術後のアフターケアは大変重要です。アフターケアを怠ってしまうと、色素沈着の原因になるため、医療スタッフに指導をしてもらい、自宅できちんとお手入れをしましょう。液体窒素の治療の場合は、数が多いと一回の施術では取り切れないため、定期的な通院が必要です。首や胸元に複数のいぼがあるけれど、仕事や家事で忙しいため、なるべく体に負担の少ない治療を受けたい人が増加しています。炭酸ガスレーザーを使ったいぼ除去は、痛みが少なく傷跡も目立たないため、体の負担が少なく施術後の仕上がりが美しいのが特徴です。顔や胸、首などの目立つ部分は、炭酸ガスレーザーがお勧めです。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、問診やカウンセリング、診察に時間を掛けてくれるため、費用の相談もしやすいです。基本的にはレーザー治療は、保健適用外になっていますが、数が少なかったり、比較的小さいサイズの場合は費用を抑えたりすることも可能です。皮膚から盛り上がっていたり、大きめのいぼの場合は、電気メスによる切除縫合などの治療も行っています。一人一人の皮膚の形状に合わせた治療を提案してくれるので、安心して通院ができます。加齢や衣類やアクセサリー類の摩擦、紫外線などが原因で起こることも多いため、普段からお肌に優しい衣類を着用したり、強い紫外線を浴びないことも大事です。地元で評判の高い美容皮膚科を選ぶと、最新の医療機器を導入しているため、安全性に優れた治療が受けられます。内服薬や外用薬を使った治療も行っているため、幅広い年代の人が通院をしています。

Copyright© 2018 いぼの種類で治療が変わる!【種類に応じて適切な治療を行う】 All Rights Reserved.