いぼの種類で治療が変わる!【種類に応じて適切な治療を行う】

治療法から病院を選ぶ

顔に触れる女性

費用と効果に注目

いぼを治療してくれる医療機関には皮膚科や美容皮膚科、美容外科などいろいろあります。どこへ行っても同じ治療を受けられるわけではなく、クリニックによって採用している治療方法が異なります。そのためクリニックを選ぶときには、まずホームページなどを調べて、自分の希望する治療が受けられるかどうかを確かめることが大切です。一般的な皮膚科医院では大部分が凍結療法を採用しています。凍結療法は手軽で安価な方法ですが、1回の治療では患部を取り切れない場合があります。また施術の跡に色素沈着ができる可能性があり、美容に敏感な方は気になるかもしれません。美容外科や美容皮膚科クリニックの一部ではレーザー治療を行っています。小さないぼなら1回で取ることができ、跡も目立たないのが特徴です。かなり大きないぼは、麻酔をかけてメスで切開せざるを得ない場合があります。縫合技術に優れた形成外科医であれば、ほとんど傷跡を残さずに治療できます。いぼの種類によっては、レーザーが使えるクリニックでも凍結療法や外科手術を勧められることがあります。何度も再発する場合や数が増えていく場合は慎重に治療する必要があるため、医師と十分に話し合って治療方法を選んでください。クリニックでいぼを治療する場合、費用は治療法によって異なり、最も安価なのは凍結療法とされています。凍結療法には保険が適用されるためで、ほかにヨクイニンなどの内服薬や切開手術にも保険が利く場合があります。かなりの痛みがあり、治療期間が長くかかるというデメリットはありますが、できるだけ費用をかけずに治療したいときには凍結療法がお勧めです。保険が利かない治療法としては炭酸ガスレーザーや高周波などが挙げられます。基本的に1回で治療できますが、いぼの数が多いと複数回の治療が必要になり、それだけ費用もかかるので注意してください。麻酔クリームや麻酔テープを使うので施術中の痛みはなく、治療時間も数分ほどで終わります。傷跡や色素沈着を残したくない方にはお勧めです。サリチル酸を使った市販の塗り薬や貼り薬にも一定の効果が認められています。ただし人によっては効き目が現れるまでに相当の時間がかかり、再発する可能性もあるため、あまり経済的ではないかもしれません。保険外の治療としては、ほかにトリクロロ酢酸や局所免疫療法などを実施しているクリニックもあります。なかなか治らない場合には、外科的治療と内科的治療を併用するのもひとつの方法です。

Copyright© 2018 いぼの種類で治療が変わる!【種類に応じて適切な治療を行う】 All Rights Reserved.